top of page

オミクロン株対応ワクチンについて

開発はもっと前にされていたのに出し惜しみされてたのかって疑いたくなっちゃいますが、ようやくかという感じです。

今の流行がオミクロン株であるので、旧株のワクチンより、それに対応したワクチンを打つべきというのは肌感覚としてはわかります。

ただし、現在の主流はオミクロン株の中でもBA.4,BA.5株だそうですが、新ワクチンはBA.1株に対応したものです。(日本における2022.9時点)

既にBA.4,BA.5株対応のワクチンは開発されていますが(mRNAワクチンは遺伝子情報さえあれば設計できてしまうという、ものすごい技術)まだ日本では申請された段階です。

BA.4,BA.5株対応ワクチンが出るまで様子見るのも選択肢でしょうが、BA.4,BA.5株対応ワクチンが出回る頃には、今度は別の株が流行しているかも知れません。強毒の株がスポット的に出現することもあるのだろうな、とも思います。どこかの段階でブースター接種受けるなら、取り敢えず、今回かな、私なら、という感じで思ってます。


実際私自身、旧株のワクチンで4回目接種を受けるかは様子見てましたが今回オミクロン株対応ワクチンが出たので、新ワクチンで4回目接種を受けようと思っています。(ちなみに私は、3回目接種で40℃発熱しました。解熱薬をあらかじめ飲むつもりです。)当初、新型コロナの死亡率は5%ほどで、ワクチンの効果と株自体の弱毒化により今は死亡率はそこまで高くありませんが、実際、亡くなった方を多数知っていること、また強毒のアルファ、デルタが消えてなくなった訳ではないことを考えると、私にとってノーガードでは許容できるリスクではありませんから、接種はするつもりです。流行株の状況によって対応にメリハリをつけても良いかも知れません。


アメリカでは、年に一回接種の方向となりそうとのこと。インフルのワクチンのように、流行しそうな株を見定めて流行時期前に接種するといった形になるのが論理としては合理的ですから、そうするんじゃないかな、と。アメリカはほんとエビデンスbasedですごいですよね。科学が普通になってます。日本の製薬会社では、自然由来のワクチン開発がされているようですが、日本人の心情にそった受けを狙ったような開発経緯で、国民性なんですかねえ、、、ペニシリンが発見されても、民間療法でいくみたいな、、、自然由来でも体に良くないもの一杯あるんですけどね。麻薬も石油もフグの毒も自然由来です。


話を戻しまして、

松江市は、1、2回目接種を終えた12歳以上の人全員を対象に10月から接種が始まります。基礎疾患等の優先順位も関係ないとのことです。


当院でも、日曜日を臨時で開院して接種に対応します。



なお、ワクチンの情報については山中先生の情報発信を参考にしています。

閲覧数:119回

最新記事

すべて表示

11月から松江市のコロナワクチン接種では、BA.4,5にも対応のワクチンとなりました。 今後、冬にまた流行がやって来そうですね。本格的な流行前に接種をするのが良いかと思います。また過去最高って話になりそうです。第七波の際の医療や保健所の逼迫具合、外食、旅行関係等の各所の方々の内情を診療や産業医活動の中で知っている身として、本当にがっくり来てしまいます。 なお、インフルワクチンどうしようって声があり

新型コロナウイルスワクチンの一般接種の当院での全日程が終了しました。延べ、およそ2400名実施しました。 多くの方の善意ある協力、松江市職員の多大な尽力によりスムーズに終えることができました。(私は、松江市役所の産業医でもあるので、内部の事情をいくらか存じていますが、それはそれは大変だったと思います。お疲れ様でした) 3回目の接種の話が出ています。医療従事者接種の3回目も始まり、当院の従業員や近隣

bottom of page