クリニックの展望

クリニックの方向性には将来的にいくつかの展望があります。

クリニックの展望の1つ目は一般的な精神科、心療内科業務に加え、産業医であることを活かし就労時や職場復帰時の職場とのマネージメント、障害のある方の就職活動の支援、ジョブコーチ支援なども行っていきたいということです。2つ目は、障害のある方が地域で暮らすための受け皿が圧倒的に不足していることについてです。精神科医療の地域の受け皿的役割を果たすため重症な方や従来なら入院が必要な方でも地域で過ごせるよう支援する、こういったことがしていきたいと考えています。これについては、起業当初からどかんと立ち上げるっていうことはできませんが。どのようにすべきか県か市か圏域内での方向性の共有が必要だと思いますし、もしかしたら国の政策の中で右往左往するかも知れません。他施設との協業の中で少しずつ見えてくるものもあるかも知れません。クリニックでなく、病院と自宅の中間的な施設、デイケア(これはどんどんと絞られてきています)、訪問看護(市内にあふれています)などを立ち上げることで対応すべきなのか、今は自分の中で明確化していません。

3つ目は、全体からみるととても小さいものですが、精神疾患への先入観、偏見、差別を幾分かでも減らしたい気持ちで毎年、2つの学校で計100名弱の学生に90分授業で30回精神科医療の課題についてお話する機会、それから例年数回(今年はコロナで1件しか依頼がありませんでしたが、開業準備と併任する余裕がなくお断りしました)お受けする講演で精神疾患について知ってもらう機会があるのですが、開業後もこれを続けるということです。


方針は立っても体は1つです。できることをこつこつとやるだけですね。

閲覧数:447回

最新記事

すべて表示

開発はもっと前にされていたのに出し惜しみされてたのかって疑いたくなっちゃいますが、ようやくかという感じです。 今の流行がオミクロン株であるので、旧株のワクチンより、それに対応したワクチンを打つべきというのは肌感覚としてはわかります。 ただし、現在の主流はオミクロン株の中でもBA.4,BA.5株だそうですが、新ワクチンはBA.1株に対応したものです。(日本における2022.9時点) 既にBA.4,B

新型コロナウイルスワクチンの一般接種の当院での全日程が終了しました。延べ、およそ2400名実施しました。 多くの方の善意ある協力、松江市職員の多大な尽力によりスムーズに終えることができました。(私は、松江市役所の産業医でもあるので、内部の事情をいくらか存じていますが、それはそれは大変だったと思います。お疲れ様でした) 3回目の接種の話が出ています。医療従事者接種の3回目も始まり、当院の従業員や近隣