top of page

産業医事業所へのコロナワクチン実施。そして、3回目について。

産業医でうかがっているテクノプロジェクトさんの従業員さん、そのご家族にワクチン接種を実施してきました。のべ280名に実施し、大きなトラブルなく終了しました。皆さんが協力的でとてもスムーズに行うことができました。



Instagram投稿はこちら


7月、8月には、島根県立大学の学生さん、職員さんへの集団接種も実施しました(その時はうえだファミリークリニックさんとただ内科呼吸器クリニックさんとで共同で実施しました)が、会場設営、案内、事務など作業が多いのでたくさんのスタッフで共同するととてもスムーズです。

当院で実施する際には、通常スタッフに加えて看護師さん1名に来てもらっていて、とても助かっています。シンプルすぎる話ですが、人手というのはすごく大事ですね。


3回目のコロナワクチン実施の話題が出てきていますね。当院は今年4月に開業しましたから、今年夏の実施にはある程度は時間的余裕がありました。その後、少しずつ患者さんが増えてきましたので3回目のワクチン実施は通常診療に支障が出るかも知れず、夏の実施の時より限定して実施するか検討中です。実はというと、院長含め当院スタッフもこの夏のワクチン実施で少々疲弊しました。


先日、時間の使い方について、読んだ本「Time Smart」に影響されたのですけれど、うまく時間を使わないとやるべきことをこなせないし、タイムプアな人生になりそう(職員も含めて)なので、することは限定すべきだと現時点では考えています。(と言いながら、この記事を休日に記載しています・・・・)



閲覧数:131回

最新記事

すべて表示

11月から松江市のコロナワクチン接種では、BA.4,5にも対応のワクチンとなりました。 今後、冬にまた流行がやって来そうですね。本格的な流行前に接種をするのが良いかと思います。また過去最高って話になりそうです。第七波の際の医療や保健所の逼迫具合、外食、旅行関係等の各所の方々の内情を診療や産業医活動の中で知っている身として、本当にがっくり来てしまいます。 なお、インフルワクチンどうしようって声があり

開発はもっと前にされていたのに出し惜しみされてたのかって疑いたくなっちゃいますが、ようやくかという感じです。 今の流行がオミクロン株であるので、旧株のワクチンより、それに対応したワクチンを打つべきというのは肌感覚としてはわかります。 ただし、現在の主流はオミクロン株の中でもBA.4,BA.5株だそうですが、新ワクチンはBA.1株に対応したものです。(日本における2022.9時点) 既にBA.4,B

bottom of page