• 心と体の診療所 おくだクリニック

産業医事業所へのコロナワクチン実施。そして、3回目について。

産業医でうかがっているテクノプロジェクトさんの従業員さん、そのご家族にワクチン接種を実施してきました。のべ280名に実施し、大きなトラブルなく終了しました。皆さんが協力的でとてもスムーズに行うことができました。



Instagram投稿はこちら


7月、8月には、島根県立大学の学生さん、職員さんへの集団接種も実施しました(その時はうえだファミリークリニックさんとただ内科呼吸器クリニックさんとで共同で実施しました)が、会場設営、案内、事務など作業が多いのでたくさんのスタッフで共同するととてもスムーズです。

当院で実施する際には、通常スタッフに加えて看護師さん1名に来てもらっていて、とても助かっています。シンプルすぎる話ですが、人手というのはすごく大事ですね。


3回目のコロナワクチン実施の話題が出てきていますね。当院は今年4月に開業しましたから、今年夏の実施にはある程度は時間的余裕がありました。その後、少しずつ患者さんが増えてきましたので3回目のワクチン実施は通常診療に支障が出るかも知れず、夏の実施の時より限定して実施するか検討中です。実はというと、院長含め当院スタッフもこの夏のワクチン実施で少々疲弊しました。


先日、時間の使い方について、読んだ本「Time Smart」に影響されたのですけれど、うまく時間を使わないとやるべきことをこなせないし、タイムプアな人生になりそう(職員も含めて)なので、することは限定すべきだと現時点では考えています。(と言いながら、この記事を休日に記載しています・・・・)



28回の閲覧

最新記事

すべて表示

職業センターに講師に行きました

島根県障害者職業センターに、当院の心理士と共に行ってきました。 今年度より、島根県障害者職業センターの医療情報助言者に任用されたということで、ケースのアドバイスをしてきました。具体的なケースで、実際に直面している問題や医療者に助言を受けたい内容、改善するためにどうしたら良いかといった内容に答える形でした。 皆さん、とても熱心でこちらも刺激を受けました。 課題は、就労支援研究会でも持ち上がる課題も結

就労支援の研究会

早いもので、当院も開業しておよそ半年が過ぎました。いつの間にか開業の頃にいただいた植物も背がのびています。なんだかやっと自然体で診察ができるようになったような、と実感するこの頃です。最初の頃は、いつもの診療にもどうも肩に力が入りすぎているというか、地に足がつかない感じがしていました。慣れるのには、やっぱり半年はかかりますよね、と患者さんにいつも伝える言葉が、実のところ、自分に向けた言葉であったのか

東京オリンピックも終わりが

オリンピックも終わりが近づいて来ました。毎日、本当に楽しませてもらい熱狂の渦にありました。僕がこのオリンピックで、大ファンになったのは五十嵐カノア選手です。人柄が本当に素晴らしくて、この先もずっと楽しませてくれそうな予感にワクワクします。 ただ、そろそろ祭りの後の空虚感に準備をしておかないと、寂しさでどうにかなりそうなので、日常モードに切り替えようと思います。 オリンピック後は、コロナ、国の借金、