top of page

長文の記事のテスト


生物学の基礎的考えの元となっている書籍。皆が知っている常識だと思っていることだけど、原著は案外と読んだことがない人が多いのでは。

チャールズ・ダーウィンはとても謙虚に科学に対する基本的姿勢を示しています。西洋の科学の歴史は長く、当時でも今の日本の科学への姿勢よりも科学的で感銘を受けます。

情報が溢れている社会です。自ら情報に対して取捨選択しているととても偏ってしまいます。そういう懸念を改めて感じさせてくれる書籍です。



そして今日のクリニック。基礎がもうすぐ立ち上がります。

閲覧数:176回

最新記事

すべて表示

11月から松江市のコロナワクチン接種では、BA.4,5にも対応のワクチンとなりました。 今後、冬にまた流行がやって来そうですね。本格的な流行前に接種をするのが良いかと思います。また過去最高って話になりそうです。第七波の際の医療や保健所の逼迫具合、外食、旅行関係等の各所の方々の内情を診療や産業医活動の中で知っている身として、本当にがっくり来てしまいます。 なお、インフルワクチンどうしようって声があり

開発はもっと前にされていたのに出し惜しみされてたのかって疑いたくなっちゃいますが、ようやくかという感じです。 今の流行がオミクロン株であるので、旧株のワクチンより、それに対応したワクチンを打つべきというのは肌感覚としてはわかります。 ただし、現在の主流はオミクロン株の中でもBA.4,BA.5株だそうですが、新ワクチンはBA.1株に対応したものです。(日本における2022.9時点) 既にBA.4,B

bottom of page