11月よりオミクロン株対応

11月から松江市のコロナワクチン接種では、BA.4,5にも対応のワクチンとなりました。


今後、冬にまた流行がやって来そうですね。本格的な流行前に接種をするのが良いかと思います。また過去最高って話になりそうです。第七波の際の医療や保健所の逼迫具合、外食、旅行関係等の各所の方々の内情を診療や産業医活動の中で知っている身として、本当にがっくり来てしまいます。


なお、インフルワクチンどうしようって声があります。インフルエンザの重症化リスクと比べると、コロナのワクチンを優先して接種すべきだと思いますが、一応、コロナとインフルのワクチンは期間を空けずに接種可能です。


話変わりますが、

これだけ変異の早いウイルスなのに、日本製ワクチンはいまだに旧株対応のものが出せるかどうかって段階で、日本の研究、製薬の制度はこのままで良いのでしょうか、、、



今は、流行株に対応したワクチンが打てますので公衆衛生上の効果はこれまでにないほど期待大だと個人的には思いますが、いかんせん若年層でのワクチンへの関心が低いのが残念です。政府、行政のメッセージの発信方法も問題なのでしょうか。


是非、接種を検討ください。

閲覧数:146回

最新記事

すべて表示

開発はもっと前にされていたのに出し惜しみされてたのかって疑いたくなっちゃいますが、ようやくかという感じです。 今の流行がオミクロン株であるので、旧株のワクチンより、それに対応したワクチンを打つべきというのは肌感覚としてはわかります。 ただし、現在の主流はオミクロン株の中でもBA.4,BA.5株だそうですが、新ワクチンはBA.1株に対応したものです。(日本における2022.9時点) 既にBA.4,B

土曜日の再診が混み合い初診の診療が困難となってきましたため、2023年1月から土曜日の初診は中止し、初診は平日のみとさせていただきます。ご迷惑をおかけしますがよろしくお願い申し上げます。