• 心と体の診療所 おくだクリニック

クリニックのロゴの思い



ハートに扉がついたものをモチーフにしています。

心の扉を開けて話をするというイメージです。ハートという抽象的なテーマをデザイナーさんが見事に体現してくれました。社会に出る扉、自分の部屋の扉、自分の心の扉、クリニックの扉、診察室の扉、新たなチャレンジの扉、人によってとり方は自由です。

色は、山吹色のような色です。明るい気持ちになれる、かといって落ち着けて安心感のある色。色の微調整にも随分とこだわりが入っています。心の健康の代名詞、世の中で定着するような、そんなロゴに育ってくれると良いなあと思います。(夢です・・・)

437回の閲覧

最新記事

すべて表示

職業センターに講師に行きました

島根県障害者職業センターに、当院の心理士と共に行ってきました。 今年度より、島根県障害者職業センターの医療情報助言者に任用されたということで、ケースのアドバイスをしてきました。具体的なケースで、実際に直面している問題や医療者に助言を受けたい内容、改善するためにどうしたら良いかといった内容に答える形でした。 皆さん、とても熱心でこちらも刺激を受けました。 課題は、就労支援研究会でも持ち上がる課題も結

就労支援の研究会

早いもので、当院も開業しておよそ半年が過ぎました。いつの間にか開業の頃にいただいた植物も背がのびています。なんだかやっと自然体で診察ができるようになったような、と実感するこの頃です。最初の頃は、いつもの診療にもどうも肩に力が入りすぎているというか、地に足がつかない感じがしていました。慣れるのには、やっぱり半年はかかりますよね、と患者さんにいつも伝える言葉が、実のところ、自分に向けた言葉であったのか