• 心と体の診療所 おくだクリニック

IPS 就労支援

精神科医の講演会で、開業の動機や就労支援についてお話しました.


メインディッシュの講演は西川先生の林先生で

IPS「個別職業紹介とサポート」についてのお話でした。

IPSモデルの理念は、「どんなに重い精神障害を持つ人であっても、本人に働きたいという希望さえあれば、本人の興味、技能、経験に適合する職場で働くことが出来る」「就労そのものが治療的であり、リカバリーの重要な要素となる」だそうです。


従来、そして現在も就労を支援する場合、

デイケア→作業所A型→B型→障害者雇用→一般就労

という段階を踏んだ支援が中心になっていますが、個別就労支援プログラム、IPS「個別職業紹介とサポート」モデルでは、いきなりやりたい仕事をとりあえずやってみる、本人の就労の可能性を勝手に決めつけない、そもそも予想することは無意味だ、やってみよう、就労と支援は同時並行で行う、というスタンスだそうです。


就労にもその他の決断にも共通していることですし、応用がきく考え方だと思います。


今日はこんなところで。それでは、良い週末を。休みも必要!




323回の閲覧

最新記事

すべて表示

新型コロナウイルスワクチンの一般接種の当院での全日程が終了しました。延べ、およそ2400名実施しました。 多くの方の善意ある協力、松江市職員の多大な尽力によりスムーズに終えることができました。(私は、松江市役所の産業医でもあるので、内部の事情をいくらか存じていますが、それはそれは大変だったと思います。お疲れ様でした) 3回目の接種の話が出ています。医療従事者接種の3回目も始まり、当院の従業員や近隣

先日のワクチン接種で、接種された方から手紙をもらい、本当に暖かい気持ちになりました。丁寧に対応してもらったことへの感謝でした。 連絡がつかなくなる人、当日のキャンセル、副作用はなかったからきちんと筋注されてない、といったことがあって、なんだか本当に苦しく、やっても報われない感がありましたが、