• 心と体の診療所 おくだクリニック

IPS 就労支援

精神科医の講演会で、開業の動機や就労支援についてお話しました.


メインディッシュの講演は西川先生の林先生で

IPS「個別職業紹介とサポート」についてのお話でした。

IPSモデルの理念は、「どんなに重い精神障害を持つ人であっても、本人に働きたいという希望さえあれば、本人の興味、技能、経験に適合する職場で働くことが出来る」「就労そのものが治療的であり、リカバリーの重要な要素となる」だそうです。


従来、そして現在も就労を支援する場合、

デイケア→作業所A型→B型→障害者雇用→一般就労

という段階を踏んだ支援が中心になっていますが、個別就労支援プログラム、IPS「個別職業紹介とサポート」モデルでは、いきなりやりたい仕事をとりあえずやってみる、本人の就労の可能性を勝手に決めつけない、そもそも予想することは無意味だ、やってみよう、就労と支援は同時並行で行う、というスタンスだそうです。


就労にもその他の決断にも共通していることですし、応用がきく考え方だと思います。


今日はこんなところで。それでは、良い週末を。休みも必要!




256回の閲覧

最新記事

すべて表示

東京オリンピックも終わりが

オリンピックも終わりが近づいて来ました。毎日、本当に楽しませてもらい熱狂の渦にありました。僕がこのオリンピックで、大ファンになったのは五十嵐カノア選手です。人柄が本当に素晴らしくて、この先もずっと楽しませてくれそうな予感にワクワクします。 ただ、そろそろ祭りの後の空虚感に準備をしておかないと、寂しさでどうにかなりそうなので、日常モードに切り替えようと思います。 オリンピック後は、コロナ、国の借金、

ドクターズ・ファイルの取材を受けました

取材記事のリンクを貼り付けておきます。まとまりのないことを話しましたが、よくまとめていただいたと関心します。 https://doctorsfile.jp/h/198499/df/1/ 初診待機が長い中、取材はお断りしています。取材を受けたことの申し開きをさせてください。 取材自体は内覧会を開催した4月10日に受けました。開業後にテレビ局の取材依頼がありましたが、初診予約の待機期間がかなり長くなっ